MENU

万年クマの真実

「目元にうるおいを与えれば、クマを目立たなくできますよ!」

 

何度この謳い文句に翻弄されてきたことでしょう。

 

万年クマほど重度の場合、目元がカラカラだろうがプルプルだろうが大差ありません。

 

コンシーラーで隠しきれないほどのクマには、もっと深い理由が隠されています。

 

 

実は、万年クマは眼輪筋がきちんと動いていないために起きるのです。

 

例として、腕をグイっと内側に曲げて、そしてまた肘を伸ばしてみてください。

 

筋肉は伸び縮みを繰り返すときに初めて、毛細血管の血をググッと静脈側へ押し出すのです。

 

今あなたの腕の毛細血管は、確かに静脈側にググッと押し出されたわけです。

 

でも、これは腕が正常に曲がり、正常に伸びたからです。

 

「何を当たり前のことを」

 

そう思われるかも知れませんが、実は、目元の筋肉は正常に動かない人がいるのです。

 

筋肉がうまく動かないと血行不良が起きるのです。

 

目の筋肉が動かないことで、どう万年クマへと進行してしまうのか?

 

目元の血行不良は幼少期からでもスタートします。

 

たとえば色の変化は次のようになります。

 

やや赤っぽいクマ(3歳くらいの幼児に見られる)

 

↓↓

 

青っぽくなる(濃さが増していく)

 

↓↓

 

茶色

 

↓↓

 

焦げ茶色

 

↓↓

 

 

このように、どんどん濃くなっていきます。

 

なぜか。なぜ濃くなりゆくのか?

 

クマが濃くなる原因は、正確には血行不良ではないのです。

 

大人になって社会で働き始めてから、ストレスや食生活が乱れて血行不良になってクマが出来る人も多いです。

 

しかし、彼ら・彼女らの多くは、うまく休日や生活習慣を整えることで顔色がパッと快復していきますよね?

 

なのに、万年クマの私たちは、そうならない。

 

いつまで経っても、忌まわしいクマが取れない。

 

取れないどころか、濃くなる一方。

 

 

「どうか、普通の目元でいいから、顔をあげて堂々と歩けるようになりたい」

 

 

この悩みの原因は、血行不良がさらに進んだところにありました。

 

 

「血色が悪い」のではなく、「アザ」ができていた!

 

今は万年クマでも、当初は誰もが血行不良のせいでうっすらクマができている程度でした。

 

しかし、流れがにぶくなった血は、実はそこで留まるのではなく、毛細血管の中から染み出してきてしまうのです。

 

津波で河川の防波堤が破壊され、街中を海水が侵食していくと考えるとイメージしやすいかも知れません。

 

これは私たちが子供の頃に身近な現象と同じです。

 

それは、「アザ」です。

 

壁に足をぶつけた、転んで膝を打った。

 

すると、内出血が起こりますよね?

 

内出血を厳密に見てみると、赤血球が筋肉の内部で破壊され、ヘモグロビンという血の色素が皮膚の表面に移動する状況です。

 

血の色素が皮膚表面にくるわけですから、当然、ケガをした皮膚の色が青黒く濁ってくるのです。

 

つまり、「色素沈着」ができあがってしまいます。

 

幸いにもヒザや腕など、体中の筋肉は日常生活で常に伸び縮みを繰り返しますから、傷口がふさがった後は、血液のめぐりも正常に戻り、「アザ」は見られなくなります。

 

しかし、目元の筋肉が正常に動いていないと、いつまでたっても「目元のアザ」はなくなりません。

 

常に毛細血管から血がドバドバ漏れ出しているからです。

 

血行不良の根本を解決しない限り、この血液漏れは止まりません。

 

だから「万年クマ」と呼ばれてしまうわけです。

 

クマには青クマ、茶クマ、黒熊の3種類があることはご存知でしょうが、どれも元は一緒なのです。

 

目元の筋肉が正常に動いてないからこそ、「目元アザ」ができてしまい、かつ止まらないのです。

 

 

目元の筋肉が正常に動いていない子供の動画

 

 

この動画を最初の0:18〜の所だけでもご覧になってみてください。

 

この子はまだ6歳、つまり小学生低学年ですよ?

 

しかし、目元の筋肉の動きの悪さ、完全には閉じないまばたき、目のクマとシワ、まるで高齢者の目とそっくりでしょう。

 

さらに厄介なことに、このまばたきの悪さは本人はおろか、医師ですら気づくことが困難なくらい、見過ごされやすい症状なのです。

 

この子が、適切な方法を取らずにそのまま大人になっていってしまったら、どうなると思いますか?

 

 

「万年クマ 消す方法」 とGoogleで検索をかける大人になるわけです。

 

この根本を解決するための方法をこれからご紹介していきます。

 

 

『目元アザ』を克服する2つの方法

 

万年クマの正体である、目元のアザを克服するには次の2つの方法があります。

 

 

眼輪筋を鍛える(目元の筋トレ)

 

今までのアザを隠せるアイクリームを使う

 

 

どちらも並行していきましょう。

 

目の内部から根本的な対策しつつ、すでに出来てしまった色素沈着にも対策をしていくというわけです。

 

 

1分でできる!目元の筋トレ動画

 

 

 

この目の筋トレを5回、朝晩の2回に分けて行いましょう。

 

1日10回は大変かと思われるかも知れませんが、慣れの問題です。

 

別に1回1回はさほど疲れるものでもありませんから、根気強くつづけてみてください。

 

万年クマの根本的な原因を食い止めるには、目元の筋トレしかないのですから。

 

 

全く新しい発想のクマ特化型アイクリーム


 

 

これは『アイキララ』という、今までに無いクマ特化型のアイクリームです。

 

何が違うのか?

 

今までのアイクリームはどれも、

 

  • 目元にうるおいを!
  • 目元の肌にフィット&なじんで、くすみ解消!
  • 目に栄養を!

 

などと、表面に何かおめかしでもするような代物しかありませんでした。

 

あなたも聞き覚えがある表現のはずではありませんか?

 

しかし、これらはあくまでスキンケアの域を出ません。

 

 

今まで根本的な原因に対処せず、溜めに溜め込んできた「目元のツケ」を返すには、アイクリームもまた根本的なアプローチが必要でした。

 

 

アイキララは『皮膚痩せ』にアプローチする

 

イメージしてみてください。

 

1万円札を部屋の蛍光灯にかざす様子です。

 

お札の真ん中の白いだ円が透けて、福沢諭吉がうっすらと浮かび上がってきますよね?

 

これは、お札がとても薄い紙でできていて、1枚だけを今かざしてもらったからです。

 

では、仮に100枚もの1万円札を束ねて、同じように部屋の蛍光灯にかざしたらどうなりますか?

 

全く透けないでしょう。

 

それは100枚ものギッシリとした厚みがあると、光を通さなくなるからに他なりません。

 

これと同じ現象を生み出すのがアイキララなのです。

 

目元の皮膚はほかの体の部位と比べると、4分の1ほどしか厚みがない、とてもペラペラな部位なんですよね。

 

だから、血行不良が起きただけで青クマとして表面に出てしまう。

 

それが進行して万年クマのレベルになると、もはや目元のアザ、内出血ですから、進行が止まらず黒色になっていってしまう。

 

ましてや、加齢とともに皮膚は薄くなっていきます。

 

ただでさえペラペラの目元が、年を取るたびに、1秒ごとに磨り減っていくわけです。

 

キャベツの千切りを、さらに千切りにしろと言われるようなものです。

 

何も残らなくなるし、光が当たれば透け放題です。

 

この皮膚痩せによるクマの悪化を、皮膚の厚みをふっくらさせることでカバーするという新技術がアイキララなのです。

 

先ほどの100枚のお札の例を思い出してみてください。

 

厚みがあれば、透けないのです。

 

その厚みを、保険が利かない美容外科レーザー治療に頼らずとも、実現してしまうアイクリームが、アイキララです。

 

↓↓

 

アイキララ

 

 

目元の筋トレとアイキララでも治せないクマとは?

 

美辞麗句だけを伝えるのは性に合いませんし、不誠実だと思いますので、デメリットもお伝えします。

 

どれだけ目元の筋トレをやっても、アイキララを使っても、

 

立体的な顔立ちの「影クマ」だけは解消できません。

 

 

骨格の問題になりますから、何とかする場合は整形など、こればかりは美容外科に頼らざるを得ません。

 

 

ただし、個人的には、外国人のような彫りの深い顔立ちなんだと、逆に自信を持ってみた方が生きやすくなるのでは?と思っています。

 

 

『人並み』に戻れる最後のチャンスです

 

万年クマに悩む誰もが昔は正常な目元でした。

 

それが、目元の筋肉の鈍さから始まり、目の皮膚はどんどんペラペラになり、アザが止まらなくなってしまったのです。

 

その目元のツケを返せるチャンスが、今なのです。

 

あなたの人生はこれからも続きますよね?

 

その人生の中で、一番若い時っていつでしょう。

 

「今」ですよね。

 

目元の筋トレ効果も、アイキララの効果も、いつ実践すると一番効果が高いでしょうか。

 

「今」ですよね。

 

減りゆく目の皮膚。

 

にぶりゆく筋肉。

 

それさえ対処できれば、人並みに目を開いて、人並みに相手と目を合わせて話ができて、人並みに営業もできて、人並みな恋だって挑戦する資格が与えられるんです。

 

誰もが「そんなこと気にしないで、前向きにいこうよ」といいます。

 

しかし現実は甘くありません。

 

なんやかんや、人相で評価がくだされるし、言われなくても気づくし、言われなくても控えめに慎ましく生きるよう自分に誓ってしまいます。

 

そんなの、ほんとはおかしいと思いませんか?

 

【万年クマ】なんて、自分の中で、もう死語にしませんか?

 

 

『目元のツケを返して、人並みの目を手に入れる』

 

 

そう願う方は、ぜひ、目元の筋トレとアイキララを試してみてください。

 

 

アイキララ